ガルシアマルケス 限定

ガルシアマルケス コラボレーション&限定販売

ガルシアマルケスってすごい人気ですよね!
特にバッグや財布の派手なピッピーのプリントからは海外ブランドの雰囲気がありますが実は日本製だそうです。人気のミュージシャンやアーティスト、モデルさんが着たことから一躍広まり、マラソンの高橋直子選手が愛用したことでも有名ですよネ!
特に通販での人気は高くコラボレーションアイテムや限定アイテムなども次々と発売され、たくさんのバッグや財布が通販で流通しています。洋服の余り布から発想した可愛さと実用性を追求したデザインはOLだけでなくシニアにも人気です。人気のあまり取扱店や通販ショップでは発売するとすぐ完売してしまうようです。
ガルシアマルケスゴーシュのデザインの特徴はあのキャラクター『ピッピー』 社長の愛犬のボストンテリアがベースになっているようです。バッグや財布、至る所に登場しています。特にサンジェルマンというトートバッグにはナイロンピッピーやボンボンピッピーなどピッピーの名を冠したシリーズも出来ています。
限定販売が多く、ディズニーや有名人とのコラボ限定品はすぐに完売してしまうそうです。その後、高値でオークションサイトで取り引きされています。入札者がどのサイトでも30人以上。物によっては倍以上の値段になているのにはびっくりします。限定という言葉に弱い私たちですよね(笑)これらも数多くのコラボ商品、限定商品を提供して欲しいと思います!

ガルシアマルケス 限定

ガルシアマルケス 限定福袋が大人気!

ガルシアマルケスの福袋は「HAPPY BAG」と呼ばれていて、大人気です。Mサイズ三万円、Lサイズ五万円に加えて十万円のXLが初登場し、XLサイズにはアトリエST-GERMAINや小物も入っているとのことです。高額ですが、限定品で、数も限りがあるため、早朝から列ができるほどの人気です。
ガルシアマルケスファンにとっては一年に一度の福袋なので、何が何でも欲しいところですね。
ガルシアマルケスの福袋の特徴は、福袋(HAPPY BAG)そのものがすでに、限定非売品のトートバッグになっているということです。福袋は、オークションでも売買されていて、人気のアイテムです。福袋の中にも、さらに、限定品のバッグが入っていて、とにかくお買い得なのです。数に限りがあるので、入手困難であることは確かですね。早朝から並ぶファンも大勢いて、すぐに完売してしまうでしょう。初売りは、店舗によって日にちが、違うようなので確認して行った方が良いかと思います。ラッキーな方はショップごとの福袋をゲットすることができるかも知れませんね!

ガルシアマルケス 限定

ガルシアマルケス エコバッグ限定販売

ガルシアマルケスのバックは限定物が非常に多いことも人気のひとつです。全国3店舗で限定発売したものや、直営店と百貨店でしか発売しなかったもの、アニバーサリー発売のものもあるので、限定物が好きな方には見逃せないブランドですね!
ガルシアマルケスといえば、財布や洋服以外にバッグが元々人気がありましたが、最近特に注目されているのはエコバック。
エコ本来の主旨でエコバックを持っている人もいれば、ファッションのためという人もいますが、ガルシアマルケスのエコバッグもかなり人気があります。1000個限定でナチュラルローソンとガルシアマルケスのコラボで発売されたエコバックは、通常のガルシアマルケスの店舗では購入できず、関東圏のナチュラルローソンでのみ予約販売だったため、手に入れることができませんでした。
ヤフーオークションを見てみたら、ガルシアマルケスのカテゴリに今回のナチュラルローソンとのオリジナルエコバッグがいくつも出品されていましたが、倍誓いお値段になっていたのにはびっくり!
商売にしてしまう人もいるのですね〜。さすがに倍のお値段でエコバッグを買う気にはなれませんでした(笑)

ガルシアマルケス 限定

ガルシアマルケス 表参道限定品

ガルシアマルケスには色々限定物が出ているようですが、限定モノを検索していて1番最初に見つけたのが【表限】でした(笑)

【表限】というのは、【表参道限定】という意味ですネ!

表参道店の何周年かの記念で出た限定品だそうですが、そのショップによって限定商品が出てるなんて面白いですよね!
あとは百貨店限定商品とか。その中でも“レアカラー”とかもあるらしく、ファンには必見ですよね。

さらに大阪限定や沖縄限定など、地域限定物なんかもあるみたいですね。その地域ごとの、地域ならではの特色を盛り込んだデザインになっていて、記念になりますね!

他にも「素材」が限定のもので数量限定販売をしていたりと、色々な限定があってファンとしては面白いです。

地域限定のものでもネットで取り寄せたり、オークションで売ったり、色々なことができて楽しいですよね!

ご当地シリーズなんて作ったら人気が出るかもしれませんね!


Powered by Seesaa